がまんしない

  • 2015.11.23 Monday
  • 17:17






わたしが我慢すれば、うまくいく



いったい、どんだけ
自分をいじめるつもりなのかと、
魂の奥で、静観してたことでしょうか。

ワケわからない、みょーなストレスがたまって
ついには、いろんなことを
他人のせいにしちゃう、なんとも悪循環。


心が、つくった街で

起こったこと



目の前の世界は、その通りで

だけどそれを、認めるのは
とても勇気のいることなのですね。


良いことも、そうは見えないことも

心がつくった街で起こったこと

なのです。



星星星星星

あー。

カオスは続くが、出口が見えてきた気がします。


それは
我慢を、しないと
決めたことから。


あんまりに、我慢しすぎて
それは、麻痺する

我慢しないって、どういうこと?
どうやって?




おそろしいことに、本気でわからなかった。

どれが、我慢なのか。


全麻で、なーんもわかんなくされてるような


しかしそれは
自分が自分に、かけてる麻酔


なかなか、覚醒もしないの



はやく、起きなさいよ。


そんな声も遠く

ゆらゆら、夢の中


夢の中、逃げ惑って

もう嫌だ、と思うのに

誰にも見つからないところを何度も探しだして、
隠れるのよ。


息を、潜めて

そっと、そのときが通りすぎるのを、じっ…と待つ


そう、心の揺れが、通りすぎるのを

また、痛くなるのに
痛いのがわかっているのに
やり過ごすの


そして、なにもなかったかのように、立ち上がって
ひとつ息をして、歩き出す


くりかえし。


我慢をしない


どれだけ長い時間を
わたしたちは、心を削るような行為に、充ててきたのだろう

そう思うと

空の青さが、滲むんだ。


なんともいえない、あの感じ




我慢しない、の意味を知ったとき

そしてそれを、とうとう、やっちゃったとき

一瞬 強烈な痛みを感じて、でも

こころが、あたたかにとけて、なくなるような、

自分の宇宙との一体感

融合だ。



心臓の奥の細胞が、とてつもないスピードで分裂してるのを感じる。

そんなの、わかんないんだけど、
そう、感じてる、ということ。




わたしが見るから、そこに月はある

わたしが見ていないとき

そこには、月は、ない


かもしれない



わたしたちのもと


素粒子


素粒子を感じてみたい



波であり
粒であるという

不確定な波が
観測者が意識を向けたとたん
粒へと物質化されるという




難しいことは、わからないのだけれど


うん。
ひとつ、また興味深いものを知りました。


まただね。


わたしのくせ発見


とんでもなく惹かれて、心踊るものを


どうも最初は、回避したがるらしい。


なぜ?



溺れることを、知っているから



狂うほど、溺れるほど

魂が離れなくなるのを、知っているから



とてつもなく、心躍る瞬間





不思議ですね


きっとそれを


遥か彼方の記憶から
みつけだすことを決めているのに


近づくと、いったん止まる。


でももう、それ
しなくていいんじゃね?



そう。

明日、いきなり。



のぞむものが、カタチになっても、

Hello!って、やってきても、大丈夫なのだよ。


タイムラグの制限も、ここにヒントがあると思います。


がまんしない、って
すごいよ。


自分が、自分を、赦してあげられるんだね。


自分への、救済だ


わたしだけがわたしを、掬い、救える




あなたも。


あなたの世界も、


その奥の、無限の宇宙も。


Loveハートcosmic
Loveハートalways




 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

月齢

天の川

今日のボトル

スマホ版

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM