ようこそ地球へ

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 09:39

 

☆クリスマスきらきらワーク、年末年始きらきらワークのご案内(完全遠隔セッション)

 

 

ようこそ地球へ


そんな言葉が過りました。

わたしの大好きな、非物質存在、エクトンが、
ようこそ地球へ
という表題の、書籍を発振してくださっています。


わたしは、よく思います。



なんでここに、いるんだろう。




宇宙に還りたい、の次に、様々な場面でやってくる、キーワードです。



なんでここにいるのかな。



双子の娘たちを出産し、人間に覚醒し
青天の霹靂があり
人間の悲しさ、悔しさ、どうしようもなさ、を体感し



また、その人間感覚を超えた存在だとか、体感に出逢い



あのバイブレーションに出逢って

あぁ、と

言葉にならない振動を今も感じ続けています。


なんでここにいるんだろう?




娘に、先天性疾患があります。
医療チームに恵まれて、励まされながら、やってきました。
何度も、泣きました。
悔しかったり、ただただ、悲しかったり
代わってあげたいと、無理なことを、何度も思ったものです。

神は、乗り越えられない試練など、与えない

そう言われても、子どものこととなると、別問題でした。

(とはいえ、娘の強さを、信頼しております☆)


わたしは、娘たちを溺愛してるので

勝手に、深い部分で、
悶々としている部分があります。

そう、勝手に、です。



あ〜、勝手だなぁ




なんだかそんな気持ちでいます。




ようこそ地球へ




いまのわたしに、必要なメッセージなのかな、と感じています。

よくわからないけれど

だんだん、何か、現れてくるのかもしれません。



何かを、助けなきゃ、と思っている自分がいたことに気づきました。



でもそれは、

信念みたいなものでもあり、しかし、


宇宙存在としての気質的には、当然のものであったかもしれません。



すいっち。




ようこそ地球へ。



わたしの望みは、なんだろう?


 娘たちの幸せ。




娘たちは、結婚なんか、したくない、といいます。


でもそれも、彼女たちの選択で

そのうち、とんでもなく大好きな人が現れるかもしれないし




君の名は。


を、ティーンエイジャーで観られた彼女たちが、羨ましくもあり、よかった。。。。
とも、思います。




彼女たちにとっての、
『瀧くん』
が、この宇宙のどこかに、いると感じます。


 どなたにも。




ようこそ地球へ。



言われているのか




伝える側にも、なるのか。





2017年12月19日



世界人類が平和でありますように



宇宙の音 星の声 Cosmic Journey

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

月齢

天の川

今日のボトル

スマホ版

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM