星と瞑想 宇宙と瞑想 神さまと瞑想

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 06:37


みなさま、こんにちは☆
いつも本当に、ありがとうございます。
たいへん、ご無沙汰をしておりました。

気づいたら、3月も終わろうとしています。

お家の裏庭の桜の樹が、こんにちは、と囁いてきました。
一年に一度の、逢瀬でございます(´▽`)

なんでかわかりませんが、母が、
この桜の樹に、わたしの名前をつけております………(・∀・)

空気も、匂いも、春めいてきて
あたたかく、ふんわりとした波動。

朝目覚めると、まだ夜明け前ですが

だんだん、お空が明るくなってきて

あー、地球ってまわってるんだなぁと
ぼんやりと思いを馳せます。








宇宙とつながる術は、人それぞれのやり方があって

なにかこう、幼少期の不思議な感覚を感じ取ってみると、
もしかしたら、思い出せるかもしれません。


でも。。。
幼少期のそれは、不思議でも何でも、なかったわけですよね。

とても純粋に、それぞれの宇宙、神さまに、つながっていたのだと思います。

なんで、わすれるんやろう。

それのほうが、不思議。



 





星の瞑想、宇宙の瞑想、神さまの瞑想


どの呼び名でもよいのですが、
わたしにとって

とてもとても大切なものを、ここ数ヶ月で思い出してきました。


それは音もなく、やってくる。


心臓の奥の奥の奥で、響き続け、かすかな感覚が、途切れることなく、
届き続けている。

わたしたちは、それを、 ほんとうは

知っている。


脳の機能は、とても大切で、おもしろくて、わくわくしたりするけれど


それを軽々と超えてゆくものを、感じる瞬間もあります。


身体の変化も、ありました。


ある意味衝撃で
悲しくなったり
受け入れたり

感情に任せると、疲れたり


思い返せば、いろいろありましたが、

なにかそれも、別の層のことのような


春は、とても不思議。



ベールがかけられているような、ふわふわとした波動をみています。













桜の樹の存在が、話しかけてきます。


いくつかの、桜の樹から、祝福と祈りを頂いて
新しいなにかを、発振してまいります。


わたしたちは、どこからきたのだろう?

なんで、ここにいるのか?


わたしはよく、なんでここにいるんだろう、と感じていました。
はやくかえりたい。

もういやだ。




そういうことは、子どもの頃は、全然思いませんでした、たぶん。

わりとなにも考えていなかったように思います。

夜空を見て、ただ、見上げて

図鑑をめくって、プレアデス星団を

眺めて、眺めて、眺めて



無心で、眺めていました。

本当に、なにもかんがえていなかった。

かなしくも、なんともなかった。


なぜなら


わたしはいつも、宇宙と、神と
故郷とつながっていたから。

その術を、持っていたから。


しかしその術を、だれもが使っているわけではないことを知ったのは

いつだったか


小学生のころ。



そのとき、いっしょに遊んでいたお姉さんに

なにそれ、そんなことしないよ。


と言われてから

????


ぼんやりと、思い出します。


それからは、なんか、いじめられたり、変な波動を拾っちゃったり(とはいえ、拾ってる自覚など、サラサラないわけです)、

いろんなことを諦めて
でも神さまは、
じゃあこれで、遊んでみる?と、ギフトを渡してくれたり

しかしそのギフトが、わたしをどん底に陥れたり


いいえ、ギフトはギフトのままです。

いまでも、とても大切なもの。


ただわたしは

わたしの内側を
あの、子どもの頃の宇宙とつながる術を

しまいこんでしまったことを、思い出させるための。

ただの、それだけのために起きたこと、メッセージだったこと。



たくさん、メッセージ、サインは、きていたこと。



宇宙の采配は、いつも完璧であること。



わたしたちは、宇宙の、神さまの、子どもであること。



誰も、もれなく、すべて。


そんなことを思うと


お部屋に飛んでる、ほこりや、ちりさえも、神さまの光にみえてくるのです。



宇宙にかえりたいのは、いつもです。


でもそれは、今すぐでなくてもいい、と今は思っています。


思い出そうとしたり
感覚を言葉にしようとしたり

追いかければ追いかけるほど

それは、逃げるように

ふわぁっと


消えてゆくのです。







『ヒマラヤ聖者への道』を読み返すたびに

わたしは、水を得た魚のように、

生きていること


を、感じます。

大切な人を想う度に


宇宙、神さまを、思い出します。


地球に来たのは、なんのためか。


魂の世界は、すべてあるから


地球で体験できるワクワクというものがあって
それがなくちゃ、退屈だから。

とか。



退屈の、何がいけないのか?

わたしは、じつは、退屈が好きです。

なにも予定なくても
どこにもいかなくても
まったりして
娘たちと、くだらないことで、わはは!って笑うのが
とてもすきです。


べつに、地球でしかできない、感情を体験するとかなんとか

そんなことをしに来たとは思えない。



やはりここでも



平安を、体験しに、やってきたんだと。


こんな過酷?なところでも



神さまを、宇宙を、故郷を思い出して



そう、平安だなぁ、って



ただそれを、やりにきたのだと。



わたしは、それを、したかったのだと。


それをみんなで、思い出したくて
みんなで、やりたくて

模索しながら、思い出しながら、この道をきたのだと



拙い言葉で、発振します。


言葉にしようと、追いかけると、消えてゆく。


それでもなんとか、これを表したい。現したい。



心臓の、奥の奥の奥の、

奥の、平安を。



あなたの内の、宇宙を、神を。


囁くサインを。


つながる術を、思い出すことを。


そんな春に、したい。


みなさま、ありがとうございます☆




ヒマラヤ聖者の生活探求 1巻 お迎えしました。

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 22:22

 

みなさま、こんにちは★

 

1月も終わりますね。

明日は、1月2回めの満月、月食です。

 

星空案内人®のお勉強をはじめて、一緒に学ぶみなさんとつくった手作り望遠鏡があります。

コルキットスピカ(Amazonさんにとびます)

みんなで楽しく、工作しました。

明日、うまいこと、満月を導入できたら…

なかなか、難しいのですが、挑戦してみます。

みなさんも、防寒対策しっかりで、夜空を見上げてみてくださいね★

 

 

本の虫のわたし

だいすきな本の1冊に、

『実践版 ヒマラヤ聖者への道』というものがあります。

ヨーガ指導者の成瀬雅春さんが翻訳をされていて、とてもとても、読みやすくて大好きです。

ヒマラヤ聖者のみなさんの超人的なエピソードがてんこもりなのですが

そんなことよりも(え(・_・))、この本から、活字を越えて届く、聖者のみなさまのエネルギーといいますか、テレパシーのようなものに、わたしは言葉にならない安らぎを覚えます。

そしてときにそれは、涙に変わったりもします。

 

もとは、『ヒマラヤ聖者の生活探求』(霞ヶ関書房さん・仲里誠吉さん訳)

という全5巻の書物を、成瀬さんの新訳として出版されたそうです。

仲里さん訳のヒマラヤ聖者は、Amazonさんでも古書しか見つけたことがありませんでした。

読んでみたい気持ちはあったものの、成瀬さんの本はとても読みやすくて

仲里さんの本は難解だという皆さんのレビューに恐れおののき汗、そのまま忘れていました。

 

1年ほど前…でしょうか…あまり覚えてないけれど、随分前です。

とある都会の大きな本屋さんで、バーソロミューなど、そのあたりの本を眺めていると…

お。

おぉっ!!!???

 

ヒマラヤ聖者の生活探求

 

1巻から、4巻

 

ズラッ!!!と並べられていて。

しかし、ひっそりと。

 

おそるおそる、手に取り、中身をパラパラ…

うわぁ…どうしよう…

どうしよう、どうしよう…

 

ほしい、けれど、まったく読める気がしない。

 

かなり悩んで(高速バスの時間ギリギリまで悩んで)

本を、棚に戻しました。

非常にあほですが、いま、読める気がしないなら、持って帰るのはやめよう。

そんな気がしたのです。

 

いつもそんなふうに、本を買っているわけではありません。

直感とか、検証とか、ただ知りたい、とか。

もっと気軽です。

 

言葉で表現できない(よくありますが(*_*;)感覚でいっぱいになり、本屋さんを後にしました。

そしていつものように、すっかり忘れます。

日常、ふつうに、成瀬さん訳のヒマラヤ聖者を読んでいました。

 

先日、長女と映画を観に、またまたとある都会へ赴きました。

たくさん歩いてしんどかった…体力不足すぎてつらい…と思いつつ、バスの時間まで、本屋さんに。

そこで、「ヒマラヤ聖者の生活探求」を思い出します。

まだ、あの本、あるんかな?超マニアックやけど、探している人もきっといるやろうし

もしもあったら

もしもまだそこにあれば。1冊、買って帰ろう。

 

そう決めて、探しました。

 

はたして。

 

ヒマラヤ聖者の生活探求第1巻 人間本来無限力

 

 

 

 

ありました。4冊とも。

これをだれか、手に取ったのだろうか?

 

ぎゅうぎゅう詰めにされて、そこにいてくださいました。

 

背表紙も、新品のはずなのに、色あせていて

でも、大事に、その1巻を手に取り、「バーソロミュー3」とともに、レジへもっていきました。

古すぎるのか…なんなのか、レジのお姉さんは、バーコードの数字を、手打ちされておりました…にっこり

 

まだ、読んでいません。

いつ読めるかなぁ。

 

けれども、今年の春から始める学びで、わたしは、ヒマラヤ聖者のマスター、エミール大師からのサポートを、強く強く、感じています。

その学びも、ほんとうに、ありがたくて

やっと、ここまで来た、と思えて(これは、いままでも、いろんなタイミングで、思ってきたことですが)

体験セミナーに、先日参加してきたのですが、そこでも、ほんとうに

エミール大師と、宗教上のものではない、根源的な神、宇宙、大いなるもの、というものを自分の宇宙いっぱいに感じて

 

涙が勝手に、流れてゆきました。

 

宇宙に還りたい、と思っていた。

 

でもわたしは

 

いつでも、その故郷と触れて、いまを、地球で、人間として生きているのだと思っています。

 

 

ライトランゲージは、どんどんその様を変えるし

どこが発振源とか

それを日本語として訳すとか、

 

本当に必要でないなら、流れるまま、にしておけばよいように、感じています。

 

 

ヒーリングだって、だれにでもできるし

祈りも、だれにでもできる。

 

どんなにつらくても

ハートの奥の奥には、深い深い底でない、そこには

 

ただただ静けさが、拡がるばかり

 

 

しんどいときは、だれかに。

しんどいと、伝えてください。

 

わたしも、伝えますにっこり

 

ヒマラヤ聖者のみなさんは、400年以上も、この地上にいてくださっています。

ちょっと前のわたしにしたら、考えられない…(そんな長いこと、地球にいたくない!!!って思っていたのです…。地球さん、ごめんね…)

さすがに400年も無理でしょうが、

この命がある限りは

 

地球にいる人間として、宇宙に貢献したいな、と思うのです。

 

 

明日は月食…晴れるかなぁ??

 

祈りのワークもしたいな。

 

突然すぎるかもしれませんが、月食から日付変わって0:30に、幸せの祈りのワークをします。

ご参加いただける方は、

お申し込みフォーム

に必要事項を記載の上、よろしくお願いいたします☆

 

祈りの錬金術、セッションも再開しております。

 

本当にシンプルですが

幸せの祈り、は、ハートの奥の奥に、響き続けてゆきます。

 

2月1日0:30のお祈りワークは、基本的に、お眠りになられていても大丈夫です。

時空を共有してくださる方は、同じ時間に、意識を向けてみてください。

錬金術なので、一瞬で終わります。

 

みなさま

今宵も、宇宙でお逢いしましょう星

 

世界人類が平和でありますように

 

宇宙の音 星の声 Cosmic Journey

 

2017年冬至

  • 2017.12.22 Friday
  • 18:49

ある日の瀬戸内海

明石方面です。虹が出てたよ☆

 

 

 

☆クリスマスきらきらワーク、年末年始きらきらワークのご案内(完全遠隔セッション)

本日22日、23:59までお受け付けしています☆

 

みなさまこんにちは。

いつも本当にありがとうございます。

 

冬至を迎えました。

きょうは、双子たちの高校では終業式が行われました。

 

朝、学校へ送迎する際、左側に大阪湾をみながら、数十分、車を走らせます。

 

太陽が、柔らかいなぁ…とかんじていました。

きらきら、やわらかな光。

瞬間、瞬間の光。

 

なにか新しい始まりのように思えるし、2017年の残りを、感じきることも脳裏をよぎります。

 

だいすきなお友だちが、とってもすてきなギフトを、プレゼントしてくださいました。

ほんとうに、うれしくて

こころがとても平和で

ありがとう、が、たくさんです。

本当のありがとうは、ありがとうじゃ足りないんだ…

 

心すべてを開いて、ギフトを受け取るのは、とても大切だと改めて感じました。

 

ようこそ地球へ

 

いつか聴いた、メッセージでしょう。

 

地球に降りるとき、というのが高い可能性と思いますが、私個人に関しては、人間に覚醒したとき、かもしれません。

 

 

いろんな、交流があって

 

いろんな粒子が、かたちになって

 

たくさんの、美しい躍るような波動を纏って

 

地球は、わたしたちを、見守ってくれているんだと思います。

 

 

数日前、どんなときも、かんじてはいますが、

 

 

ヒーリング、楽しいなぁ…☆

 

って、ハートが歓びました。

 

 

どんな、状態であっても、魂の輝きは、くもらないものです。

 

わたしは、魂は、くもらないと感じています。

 

目の前が、悲しくてもつらくても、でも

自身のハートは、魂は、傷ついてなどいない、傷つくことはない、と感じています。

 

 

とはいえ、顕在意識は、傷つくことはあるんだけれど

そんなときは、ヒーリング。

 

ハートに手を当てて、あたたかい、やわらかな太陽の光を、イメージするだけでも、太陽の波動がチャージされます。

星の光も、いいですね。

 

 

ヒーリングは、どんな時も

誰にでも、できます。

 

地球からも、癒しをいただけるし、地球にありがとうのヒーリングギフトを送っても良いですよね☆

 

 

寒い時期ですが、星空が、本当に美しい時期です。

 

たくさん着込んで、冬の星を見上げてみてください☆

 

プレアデス星団も、メッセージを送ってくれています。

 

 

 

今年の冬至は、とてもあたたかな気持ちで、過ごせています。

 

 

みなさま、ほんとうにありがとうございます。